体験授業

体験授業
まずは体験から 入塾までの流れはこちらへどうぞ!: 0120-262-739 受付時間15:00~22:00
キャンペーン特別講習
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ
スタッフブログ

【英語発音 豆知識:フォニックス】

 

英語を習いたての小学生から、英単語の読みは書いた時のイメージと違うから なんだか難しく感じるという意見を聞きました。
大人になってもこの難しさを感じている方もかなりいらっしゃると思います。

“フォニックス”を知らず、アルファベットをひらがなの様に捉えてしまっている為に 英単語のつづりと読みがなんだか一致していない違和感があるのかと思います。 フォニックスを知れば、この違和感が解消されると思いますよ。 (なぜか日本の公教育ではあまり指導されていないようですが。)

まず、日本語のひらがなとその音について確認しましょう。
例えば、『ぺん』という文字について考えると、
『ぺ』という文字は“ペ”という
『ん』という文字は“ン”という
この2つの文字と音が組み合わさって、『ぺん』は“ペン”と発音します。 当たり前ですね。

 次に、英語のアルファベットとその音について確認しましょう。

例えば、『PEN』という文字について考えると、
『P』という文字は“ピー”という音。
『E』という文字は“イー”という音。
『N』という文字は“エヌ”という音。
(説明簡単化の為に無理やりカタカナで音を表記しています。)
この3つの文字と音が組み合わさって、『PEN』は“ピーエーエヌ”と発音しそうだけど、 英語の読みは特殊だから、なぜか“ペン”と発音すると今まで思っていませんでしたか?
この理屈が正しければ、英語圏の人は、初めてみる単語を正しく発音できない事になってしまいます。

英語と日本語は別の言語なので アルファベットをひらがなの様に文字の名前と音が一致していると捉えてはいけません。
正しくは
『P』という文字は“ピー”という名前で、“プッ”という破裂音
『E』という文字は“イー”という名前で、“エー”という
『N』という文字は“エヌ”という名前で、“ン”という
と認識しなければなりません。これがフォニックスです。
日本語に無理やり当てはめると 『犬』という文字が“イヌ”という訓読みと“ケン”という音読みを持っている感じでしょうか。

ですから、
『PEN』の読みは、これらの音を続けて、単純に“プッエーン”になるんです。
日本語の“ペン”とは全く別の音になります。“ペン”と発声する際にこもらせて、なんとなくネイティブっぽい音にすればいいというわけではないんですね。

フォニックスA~Zまでの音を調べてみてはいかがでしょうか。

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒