体験授業

体験授業
まずは体験から 入塾までの流れはこちらへどうぞ!: 0120-262-739 受付時間15:00~22:00
キャンペーン特別講習
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ

スタッフブログ

努力と実力の関係について

 
 
新しい課題に取り組み始めた頃は、努力をしても、実力の伸びがそれに見合ってないように感じられることがあります。
よくあることなので、心折れずに努力をそのまま続けてください。
 
なぜ、初めのころは実力の伸びが遅いように感じられるのでしょう?
簡単に説明するので、新しい課題に挑戦している人は参考にしてみてください。
 
通常、努力した効果は三か月後に出てくるといわれています。
上の図をみてください。自分がした努力に対して期待する成果のイメージが点線。一方、本当の実力の伸びが実線です。努力した分、そのまま成果が上がると期待してしまう為、直線的なイメージになります。しかし、新しい課題に挑戦する時は、市初期段階には基礎知識の習得などに時間がかかる為に、とても努力した気になってしまうものです。基礎知識は立派な努力ですが、その課題をできる様になっている人には当たり前で大きな努力とは映りませんし、成果の伸びに直接つながりません。本当の努力はその先にありますし、その課題に既に取り組んでいる人も努力し続けている事を忘れてはいけません。
厳しい内容になってしまいましたが、それは初期段階のうちだけです!
 
本当の実力の伸びは最初はほんのわずかに伸びるだけ、ある程度、知識や経験が余ってくると、爆発的に伸びます。曲線的なイメージなんです。ですから、そのポイントまで心折れずに、努力をし続けなければならないのです。そうすれば爆発的な伸びが待っています!
 
最初はイメージと実力にギャップがあります。しかし、正しい努力を続ければ、必ず報われます。努力量以上に成果が上げられるようになります。ただ、”正しい”努力をしているか常に考えるようにしてくださいね!
 
 

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

夏期講習を乗り越えた皆へ!

 

 夏期講習お疲れさまでした!実りのある講習期間を過ごせたかと思います。

 夏休み、部活等も忙しい中、勉強を計画的に進めていたことにより、自然と勉強癖がついています。夏休みが明けてもその勉強のペースをキープするように心掛けてください。そうすれば、成績は順調にさらに伸びていきます。

 さて、前回のブログに”夏期講習明けの成績の受け止め方と勉強への姿勢”について書きましたが、重要な事ですので再掲載します。もう一度目を通してみてくださいね!

 

〈夏期講習後の成績の受け止め方〉

 夏期講習が終わると様々なテスト結果が返却されます。夏期講習の成果がどのくらいテスト結果に表れているか、特に受験生は今まで以上に敏感になる時期かと思います。これからの時期に返ってくる試験結果の受け取り方について少し話してみたいと思います。

 まず、成績の上がった生徒について。この時期は周りの成績も飛躍的に伸びやすく、同じように努力している事を忘れず、慢心せず今以上の努力を続けてください。

 次に点数は伸びたけれど、期待以上ではなかったと思ってい生徒について。この場合は落胆せずそのまま努力し続けてください。勉強の成果というものは一般的に三か月後に結果に表れてきます。三か月後、早ければ後期中間テストで飛躍的な点数の伸びを体験することになります。

 最後に、成績が芳しくなかった生徒について。この場合は手始めに勉強に対する心構えを見直してください。勉強に対する姿勢が不真面目だから成績が悪いとか何か目標をもって取り組んでいないから勉強に身が入らないと言う様なよく聞く類の話ではありません。

 成績が芳しくない生徒と話してみると、自分は勉強ができないと思い込んでいる、もしくはテストの点数は4、50台が当たり前だと思い込んでいる事が多いと感じました。自己評価が低いと、満点をとれる実力があるのに無意識下でわざと間違えて点数を下げてしまうという話があるくらいです。それくらい自己評価の影響力というものは強力なのです。

 手始めに自分はできるんだぞ、満点が取れる潜在能力をもっているんだぞと自己評価を書き換えることから初めてみてください。高い自己評価も効率的に勉強をする為の胎児な環境の一つです。良い点数を取った時はいつも通りの自分にふさわしい点数だ、逆に悪い点数を取った時は(本当はできる自分なのに)自分らしくない点数だなと思うようにしてください。その時々の結果で自分自身の実力のイメージを縛られる必要はないのです。なぜなら、成績は誰でもあがるのですから。

 保護者の方は自己評価の上がるような声掛けあるいはあなたはできる子なのよという目線で接してあげてください。普段の接し方で生徒の自己評価は作られてしまいます。目先の結果に一喜一憂せず、常に自分のゴールをきちんと見据えてください。

”勝って兜の緒を締めよ”あるいは”失敗は成功の基”マインドで常に前向きな気持ちで目標に向かって一層の努力をしていきましょう!

 

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

夏期講習後の成績の受け止め方

 

 

 夏期講習が終わると様々なテスト結果が返却されます。夏期講習の成果がどのくらいテスト結果に表れているか、特に受験生は今まで以上に敏感になる時期かと思います。これからの時期に返ってくる試験結果の受け取り方について少し話してみたいと思います。

 まず、成績の上がった生徒について。この時期は周りの成績も飛躍的に伸びやすく、同じように努力している事を忘れず、慢心せず今以上の努力を続けてください。

 次に点数は伸びたけれど、期待以上ではなかったと思ってい生徒について。この場合は落胆せずそのまま努力し続けてください。勉強の成果というものは一般的に三か月後に結果に表れてきます。三か月後、早ければ後期中間テストで飛躍的な点数の伸びを体験することになります。

 最後に、成績が芳しくなかった生徒について。この場合は手始めに勉強に対する心構えを見直してください。勉強に対する姿勢が不真面目だから成績が悪いとか何か目標をもって取り組んでいないから勉強に身が入らないと言う様なよく聞く類の話ではありません。

 成績が芳しくない生徒と話してみると、自分は勉強ができないと思い込んでいる、もしくはテストの点数は4、50台が当たり前だと思い込んでいる事が多いと感じました。自己評価が低いと、満点をとれる実力があるのに無意識下でわざと間違えて点数を下げてしまうという話があるくらいです。それくらい自己評価の影響力というものは強力なのです。

 手始めに自分はできるんだぞ、満点が取れる潜在能力をもっているんだぞと自己評価を書き換えることから初めてみてください。高い自己評価も効率的に勉強をする為の胎児な環境の一つです。良い点数を取った時はいつも通りの自分にふさわしい点数だ、逆に悪い点数を取った時は(本当はできる自分なのに)自分らしくない点数だなと思うようにしてください。その時々の結果で自分自身の実力のイメージを縛られる必要はないのです。なぜなら、成績は誰でもあがるのですから。

 保護者の方は自己評価の上がるような声掛けあるいはあなたはできる子なのよという目線で接してあげてください。普段の接し方で生徒の自己評価は作られてしまいます。目先の結果に一喜一憂せず、常に自分のゴールをきちんと見据えてください。

”勝って兜の緒を締めよ”あるいは”失敗は成功の基”マインドで常に前向きな気持ちで目標に向かって一層の努力をしていきましょう!

 

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

【夏期講習 後半戦!】

 

 

来週から夏期講習も後半に入ります。
ここで一度夏期講習に入る前に立てていた計画が予定通り進んでいるか確認しておきましょう!

 計画の練り直しが必要な場合は、この期間中にやるべき課題に優先順位をつけ、重要なものから進めていきましょう。

苦手科目などの克服がこの期間で最優先するべきものになります。
無計画のまま進めていくと苦手科目はどうしても後回しになりがちなので、気を付けましょう!

一人では計画の練り直しが難しい場合は相談に乗りますので、気軽に先生話かけてくださいね!

 一緒に実りある夏にしていきましょう!

 

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

【英語発音 豆知識:フォニックス】

 

英語を習いたての小学生から、英単語の読みは書いた時のイメージと違うから なんだか難しく感じるという意見を聞きました。
大人になってもこの難しさを感じている方もかなりいらっしゃると思います。

“フォニックス”を知らず、アルファベットをひらがなの様に捉えてしまっている為に 英単語のつづりと読みがなんだか一致していない違和感があるのかと思います。 フォニックスを知れば、この違和感が解消されると思いますよ。 (なぜか日本の公教育ではあまり指導されていないようですが。)

まず、日本語のひらがなとその音について確認しましょう。
例えば、『ぺん』という文字について考えると、
『ぺ』という文字は“ペ”という
『ん』という文字は“ン”という
この2つの文字と音が組み合わさって、『ぺん』は“ペン”と発音します。 当たり前ですね。

 次に、英語のアルファベットとその音について確認しましょう。

例えば、『PEN』という文字について考えると、
『P』という文字は“ピー”という音。
『E』という文字は“イー”という音。
『N』という文字は“エヌ”という音。
(説明簡単化の為に無理やりカタカナで音を表記しています。)
この3つの文字と音が組み合わさって、『PEN』は“ピーエーエヌ”と発音しそうだけど、 英語の読みは特殊だから、なぜか“ペン”と発音すると今まで思っていませんでしたか?
この理屈が正しければ、英語圏の人は、初めてみる単語を正しく発音できない事になってしまいます。

英語と日本語は別の言語なので アルファベットをひらがなの様に文字の名前と音が一致していると捉えてはいけません。
正しくは
『P』という文字は“ピー”という名前で、“プッ”という破裂音
『E』という文字は“イー”という名前で、“エー”という
『N』という文字は“エヌ”という名前で、“ン”という
と認識しなければなりません。これがフォニックスです。
日本語に無理やり当てはめると 『犬』という文字が“イヌ”という訓読みと“ケン”という音読みを持っている感じでしょうか。

ですから、
『PEN』の読みは、これらの音を続けて、単純に“プッエーン”になるんです。
日本語の“ペン”とは全く別の音になります。“ペン”と発声する際にこもらせて、なんとなくネイティブっぽい音にすればいいというわけではないんですね。

フォニックスA~Zまでの音を調べてみてはいかがでしょうか。

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

夏期講習が始まりました!

 

新検見川校、船橋校ともに夏期講習が始まりました!

講習期間中は授業時間が通常授業とは異なる場合があります。
特別に13:30からのコマもありますので、必ず夏期講習日程表を確認して通塾するようにしてください。

夏期講習の申し込みは多少でしたら、まだ受付けております。
お気軽にお問い合わせください。

では、みなさん、飛躍の夏にしましょう!

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

質問する前にワンクッション!

 

 

物事や問題を正しく解決する為には、解決策そのものよりも、
正しい問題設定ができているかが大事です。

 

例えば、
友達から“料理する事が苦手なのを改善したいんだ(問題)”と相談されたとします。
そして、貴方は“クックパッドで調べればいいじゃん(解決策)”とアドバイスしたとしましょう。

 

その友達は本当に料理が上手になるのでしょうか?

 

友達の料理が苦手な原因がレシピを知らない事だけであれば、
クックパッドにはたくさんのレシピが掲載されているので、メキメキと料理が上手になるかもしれません。

 

しかし、料理が苦手と言った時、その原因は人それぞれ。

プロの料理人を目指していて、目標が高い故に苦手と言っているのかもしれないし、
基礎的な包丁の握り方からわからなくて、苦手と言っているのかもしれないし、
砂糖と塩を間違えちゃうレベルで、苦手と言っているのかもしれません。

 

 原因によって、解決策も変えなければなりませんよね。

なので、正しい解決には正しい問題提起が必要なんです。
この場合は、安易に解決策を伝えるのではなく、なぜ料理が苦手なのか?その原因を探る事が重要でした。

 

 勉強でも
数学がわからない、英語がわからない、この問題がわからないではなく、
数学なら式の立て方、式の立て方、用語、どのレベルからわからないのか等
英語なら単語、文法、どのレベルの知識が不足しているのか等
どこがわからないのか細かく自己分析をするようにしてみてください。
(実際はもっと深く具体的な分析になりますが) 

 

どこがわからないか自己分析する事は、
どこまでわかっているのかをチェックする事になるので、
良い復習にもなります。

 

何がわかっていないのか頭の中で整理していくと、
わかってる事も整理されるので、同じ課題をするスピードも早くなっていきます。

 

先生に質問をする時も
その質問がきちんと自分の疑問を解決するのに役に立つ正しい質問なのか、
本質を捉えているものなのか、一旦考えるみるのも大事です。

 

もちろん、漠然とわからない時はそのまま漠然と、
わからないところがわからないと伝えてください。
先生と一緒に分析しましょう!

 

 まずは自分が“正しい”質問をしようとしているのかと意識するだけも
見えてくるものが変わってきますよ!ぜひ試してみてください!

 

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

PENの魅力 ~大事なのは授業だけじゃないよ~

 

何事も身に付ける為には、インプットアウトプットが必要ですよね。
勉強も同じです。

授業はインプット
授業を一生懸命受けることも大事ですがそれはあくまで勉強の半分
多くの人がインプットだけで満足しがちです。

本当の実力をつける為には、アウトプットが不可欠です。
学んだことを実際に使った訓練をしていかなければなりません。
その自習方法は、問題演習だけでなく、英語の場合は音読やシャドーイングだったり、科目やその人その人によって様々です。

しかし、
アウトプットしなければいけないと、分かっていても

その習慣がまだついてない人には難しいかもしれません。

なので、
PENでは、ご希望に応じて、 授業をする曜日だけでなく、

自習に来てもらう曜日を決めることもあります。

強制的にでも週一で自習に来るようになると、週に1回だったのが、
2回、3回と増え、自然と自習をする習慣が身についていきます。

自習室利用料などはかからないので安心どれだけの時間使用してももらってもOK教室にある参考書も使い放題です

また、
週5で授業を受けたいと希望をお受けしても、消化不良になっては意味がないので、

週に5回通えるのであれば、 週3で授業、週2で自習に来る事をオススメ致します。

それだけ、PENではアウトプットする時間を重要視しています!

アウトプットはできているか、インプットとアウトプットのバランスはどうか
常に見直しながら、一緒に学習していきましょう!

船橋校 教室長 田島
個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

夏期講習に入る前の下準備(重要!)

 

 

 PENでは夏期講習を約二週間後に予定しています。受験生を筆頭に、夏期講習で一気に成績を上げようと考えている人が多いかと思います。確かに夏期講習期間中は成績をグンッと上げる良いチャンスですし、実際に多くの生徒が成績を上げていきます。

しかし、成績をあげる為には夏期講習に入る前の準備が不可欠です!

 

 夏期講習は中学生も高校生も3年間学習してきた事を総復習する必要がある為、課題の量は相当なものになります。ですから、夏期講習中では“定期テスト対策”“夏期カリキュラムをこなしていく事”だけに時間を費やせる状態にしておかなければなりません。

 

 従って、それ以外の自分の苦手・得意分野の把握、相当な量の課題をこなす集中力や学習習慣などはそれまでに完成させておく必要があります。実力を把握する事や学習習慣を身に付ける事は一朝一夕でできるものではありません。

 

 では、具体的に下準備は何をすればいいのでしょうか。まずは次の二点について取り組みましょう。
 
 
 一つ目は苦手分野を把握する事です。例えば、中学生はフォレスタステップ、高校生は一周したテキストを用いて、各科目の全体像を簡単に見返しましょう。簡単にというのは、問題を解いたり、じっくりとテキストを読みこまないで、眺めるだけで十分です。眺めていると自然とこんな問題あったなぁ、こんな事習ったなぁとぼんやりと思い出すはずです。記憶を簡単に掘り返す。これだけでも結構効果があります。その時、明らかに苦手だったと思う項目に印をつけ、授業の時に質問してみてください。
 
 
 二つ目は学習習慣をつける事です。通常授業時間以外に、自分で必ず自習に来る時間や曜日を決めてください。授業後はもちろんの事、通常授業日以外に教室で自習する生徒が増えてきています。乗り遅れないように。家は休む場所、塾は勉強する場所とメリハリをつけた方が効率は格段に良いです。できる生徒ほど学習と休憩の切り替えが上手です。物事をうまく進める為には、脳科学的にも集中と非集中の切り替えが重要だとわかってきています。まずは、一度でいいので教室で自習をしてみてください。一度、家を出て、教室にふらっと遊びに来る感覚で寄ってみてください。家で色々な誘惑に耐えながら、勉強になかなか手がつかずウダウダと時間を過ごすより、こちらの方が有益だと身をもって体験する事になるでしょう。勉強はサッと終わらせて、家では気持ちよく遊んでください。
 
 
 一言でまとめると、“教室に来ればいい”という事です。これで学習習慣については解決です。さあ、部屋から出て、教室に向かってください。
 

夏期講習に向けて、まずは下準備を一緒に頑張っていきましょう!

 

船橋校 教室長 田島
個別指導  塾 予備校 ペン 新検見川 船橋 小学生 中学生 高校生

LINEで体験授業のお申込み!!

 

無料体験授業LINEからでもお申込みいただけるようになりました!

個別指導のPEN公式アカウント(LINE@ID:@rwb5561o)に
次の内容を話しかけていただければ、

無料体験授業の詳細をLINEにて返信させていただきます。
もちろん、無料体験授業に関するご質問なども承っております。

※必須
性別、学年、体験したい科目、体験授業をご希望のお日にちとお時間

体験授業の時間はご希望の開始時刻を15:00~20:00の中からお選びください。
そこから60~90分間となります。(最終授業コマは20:00~21:30になります。)

※任意
氏名(匿名をご希望の方はイニシャルでも結構です)
通われている学校名(県内、県外だけでも結構です)

トーク画面に併せて、”体験授業希望”とご記入していただければ、
無料体験授業の詳細を返信させていただきます。

個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒