体験授業

体験授業
まずは体験から 入塾までの流れはこちらへどうぞ!: 0120-262-739 受付時間15:00~22:00
キャンペーン特別講習
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ

2019年07月

質問する前にワンクッション!

 

 

物事や問題を正しく解決する為には、解決策そのものよりも、
正しい問題設定ができているかが大事です。

 

例えば、
友達から“料理する事が苦手なのを改善したいんだ(問題)”と相談されたとします。
そして、貴方は“クックパッドで調べればいいじゃん(解決策)”とアドバイスしたとしましょう。

 

その友達は本当に料理が上手になるのでしょうか?

 

友達の料理が苦手な原因がレシピを知らない事だけであれば、
クックパッドにはたくさんのレシピが掲載されているので、メキメキと料理が上手になるかもしれません。

 

しかし、料理が苦手と言った時、その原因は人それぞれ。

プロの料理人を目指していて、目標が高い故に苦手と言っているのかもしれないし、
基礎的な包丁の握り方からわからなくて、苦手と言っているのかもしれないし、
砂糖と塩を間違えちゃうレベルで、苦手と言っているのかもしれません。

 

 原因によって、解決策も変えなければなりませんよね。

なので、正しい解決には正しい問題提起が必要なんです。
この場合は、安易に解決策を伝えるのではなく、なぜ料理が苦手なのか?その原因を探る事が重要でした。

 

 勉強でも
数学がわからない、英語がわからない、この問題がわからないではなく、
数学なら式の立て方、式の立て方、用語、どのレベルからわからないのか等
英語なら単語、文法、どのレベルの知識が不足しているのか等
どこがわからないのか細かく自己分析をするようにしてみてください。
(実際はもっと深く具体的な分析になりますが) 

 

どこがわからないか自己分析する事は、
どこまでわかっているのかをチェックする事になるので、
良い復習にもなります。

 

何がわかっていないのか頭の中で整理していくと、
わかってる事も整理されるので、同じ課題をするスピードも早くなっていきます。

 

先生に質問をする時も
その質問がきちんと自分の疑問を解決するのに役に立つ正しい質問なのか、
本質を捉えているものなのか、一旦考えるみるのも大事です。

 

もちろん、漠然とわからない時はそのまま漠然と、
わからないところがわからないと伝えてください。
先生と一緒に分析しましょう!

 

 まずは自分が“正しい”質問をしようとしているのかと意識するだけも
見えてくるものが変わってきますよ!ぜひ試してみてください!

 

個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

PENの魅力 ~大事なのは授業だけじゃないよ~

 

何事も身に付ける為には、インプットアウトプットが必要ですよね。
勉強も同じです。

授業はインプット
授業を一生懸命受けることも大事ですがそれはあくまで勉強の半分
多くの人がインプットだけで満足しがちです。

本当の実力をつける為には、アウトプットが不可欠です。
学んだことを実際に使った訓練をしていかなければなりません。
その自習方法は、問題演習だけでなく、英語の場合は音読やシャドーイングだったり、科目やその人その人によって様々です。

しかし、
アウトプットしなければいけないと、分かっていても

その習慣がまだついてない人には難しいかもしれません。

なので、
PENでは、ご希望に応じて、 授業をする曜日だけでなく、

自習に来てもらう曜日を決めることもあります。

強制的にでも週一で自習に来るようになると、週に1回だったのが、
2回、3回と増え、自然と自習をする習慣が身についていきます。

自習室利用料などはかからないので安心どれだけの時間使用してももらってもOK教室にある参考書も使い放題です

また、
週5で授業を受けたいと希望をお受けしても、消化不良になっては意味がないので、

週に5回通えるのであれば、 週3で授業、週2で自習に来る事をオススメ致します。

それだけ、PENではアウトプットする時間を重要視しています!

アウトプットはできているか、インプットとアウトプットのバランスはどうか
常に見直しながら、一緒に学習していきましょう!

 

個別指導 PEN 新検見川 船橋 予備校 小学生 中学生 高校生 高卒

夏期講習に入る前の下準備(重要!)

 

 

 PENでは夏期講習を約二週間後に予定しています。受験生を筆頭に、夏期講習で一気に成績を上げようと考えている人が多いかと思います。確かに夏期講習期間中は成績をグンッと上げる良いチャンスですし、実際に多くの生徒が成績を上げていきます。

しかし、成績をあげる為には夏期講習に入る前の準備が不可欠です!

 

 夏期講習は中学生も高校生も3年間学習してきた事を総復習する必要がある為、課題の量は相当なものになります。ですから、夏期講習中では“定期テスト対策”“夏期カリキュラムをこなしていく事”だけに時間を費やせる状態にしておかなければなりません。

 

 従って、それ以外の自分の苦手・得意分野の把握、相当な量の課題をこなす集中力や学習習慣などはそれまでに完成させておく必要があります。実力を把握する事や学習習慣を身に付ける事は一朝一夕でできるものではありません。

 

 では、具体的に下準備は何をすればいいのでしょうか。まずは次の二点について取り組みましょう。
 
 
 一つ目は苦手分野を把握する事です。例えば、中学生はフォレスタステップ、高校生は一周したテキストを用いて、各科目の全体像を簡単に見返しましょう。簡単にというのは、問題を解いたり、じっくりとテキストを読みこまないで、眺めるだけで十分です。眺めていると自然とこんな問題あったなぁ、こんな事習ったなぁとぼんやりと思い出すはずです。記憶を簡単に掘り返す。これだけでも結構効果があります。その時、明らかに苦手だったと思う項目に印をつけ、授業の時に質問してみてください。
 
 
 二つ目は学習習慣をつける事です。通常授業時間以外に、自分で必ず自習に来る時間や曜日を決めてください。授業後はもちろんの事、通常授業日以外に教室で自習する生徒が増えてきています。乗り遅れないように。家は休む場所、塾は勉強する場所とメリハリをつけた方が効率は格段に良いです。できる生徒ほど学習と休憩の切り替えが上手です。物事をうまく進める為には、脳科学的にも集中と非集中の切り替えが重要だとわかってきています。まずは、一度でいいので教室で自習をしてみてください。一度、家を出て、教室にふらっと遊びに来る感覚で寄ってみてください。家で色々な誘惑に耐えながら、勉強になかなか手がつかずウダウダと時間を過ごすより、こちらの方が有益だと身をもって体験する事になるでしょう。勉強はサッと終わらせて、家では気持ちよく遊んでください。
 
 
 一言でまとめると、“教室に来ればいい”という事です。これで学習習慣については解決です。さあ、部屋から出て、教室に向かってください。
 

夏期講習に向けて、まずは下準備を一緒に頑張っていきましょう!

 

個別指導  塾 予備校 ペン 新検見川 船橋 小学生 中学生 高校生